ライフデザイン科Aコース

細谷高等専修学校の卒業と、希望・選択した専攻に応じた専門分野の学習及び諸資格取得を目標にしています。
勉強よりも好きなことをやりたい
普通科目だけではなく実習や演習をたくさん行いながら家庭全般にわたる専門科目及び選択した専攻ごとの専門科目を幅広く学習し、各人の興味・特性を伸ばしていきます。
就職・進学において高卒と同じ資格
また、本校は文部科学省認定の大学入学資格付与指定校ですので、本校を卒業すると、高等学校卒業と同等というように文部科学省で認められています。 そのため本校卒業生は、大学入学資格、短期大学入学資格、専門学校入学資格、その他各種検定受験資格等、進学や就職の場面において高等学校卒業生と同じに得られ、卒業後の進路も個人に応じた形で広く開かれています。

ライフデザイン科Bコース

水戸南高等学校の先生の指導で普通科目(国語・理科・社会etc.)の学習を行い、茨城県立水戸南高等学校(ライフデザイン科)を卒業出来ます。その他に、細谷高等専修学校卒業など、Aコースの 学習内容は同じように行います。
ちょっとの勉強で県立高校も卒業できる。
本校は、県内唯一の水戸南高等学校技能連携校ですので、本校での実習や演習が水戸南高等学校の卒業単位として認められています。そのため、国語や数学など苦手な普通科目は通常の約半分の学習で茨城県立水戸南高等学校(ライフデザイン科)を卒業することが出来ます。
また、水戸南高等学校は通信制の県立高校なので学費の面でも格段に安くなっています。そのため、費用の面で無理なく2つの学校を卒業することが出来ます。
Aコースの内容も同じように学びます
同時に細谷高等専修学校も卒業出来るため、3年間で2つの学校の卒業資格を取得することが出来ます。

茨城県立水戸南高等学校入学の決定から卒業まで

入学
面接指導
スクーリング
通常の授業にあたるものです。水戸南高等学校の先生が、細谷学校で指導して下さいます。
レポート添削指導
教科書・学習レポートを作成して提出し、添削指導を受けます。水戸南高校や細谷学校の先生のサポートを受けながらだんだんと1人で出来るようになっていきます。
試験(前期・後期)
規定回数のレポートを提出してから受験します。試験は1年間に前期と後期の2回あります。
卒業

技能連携校とは

  • 技能連携校(細谷高等専修学校)とは、法律(「学校教育法」)に基づいて、都道府県教育委員会が高校生の教育にふさわしい教育施設として認めたものです。
  • 「技能連携教育」というのは、服飾や福祉などの専門技術教育と普通の高校教育の2つを一緒に勉強できるシステムです。 2つの教育内容を1つの学校で勉強できるように工夫しています。
  • 技能連携校(細谷高等専修学校)で行う家庭科などの専門科目の学習が、そのまま高等学校(茨城県立水戸南高等学校)の家庭科目や職業科目として、高校卒業に必要な単位として認められます。
  • 技能連携校(細谷高等専修学校)に入学するのと同時に高等学校(茨城県立水戸南高等学校)にも入学することになります。 つまり2つの学校に同時に在学することになりますが、ほとんど技能連携校(細谷高等専修学校)で学校生活をおくります。 3年間で無理なく2つの学校を卒業できるように、それぞれの学校において卒業まで安心して到達するための工夫と配慮が加えられています。
  • 創立94年 女子教育なら細谷学園へ
  • 創立94年 女子教育なら細谷学園へ
  • 創立94年 女子教育なら細谷学園へ
  • 創立94年 女子教育なら細谷学園へ
  • 創立94年 女子教育なら細谷学園へ
  • 創立94年 女子教育なら細谷学園へ
授業内容 共通科目 ファッション総合専攻 介護・福祉総合専攻 クリエーター総合専攻 文部科学省委託事業 ビデオ教材「和裁・洋裁」 スマホ用教材「アパレル業界」 一番簡単に県立高校に入る方法 高等専修学校とは 資格にチャレンジ 文部科学省委託事業 資料請求 募集要項