職業や実際生活に必要な能力を育てる学校

高等専修学校と高等学校との違い
高等専修学校では、技能や実務面の教育に重点をおいて、社会に出てすぐに役立つ教育を行っています。職業高校(専門高校)よりもさらに多くの実習や演習を行い、その分、国語や数学などの普通科目は少なくなるように時間割が組まれています。高等学校に比べて、弾力的で幅広い教育を行っていますが、卒業後も専門学校や大学への入学ができ、高等学校と並ぶ中等教育機関として位置づけられています。
中学卒業後の様々な進路
中学卒業後の様々な進路
大学入学資格について
専修学校は、教育内容によって修業年限が異なっています。3年制の高等専修学校を卒業すると、専門学校へ進学することができ、大学入学資格が付与される高等専修学校を卒業すると、大学・短期大学・専門学校へ進学することができます。このように、卒業してからも、進学の道は広がっています。 高等専修学校のうち、
  1. 修業年限が3年以上
  2. 総授業時数が2,590時間以上
などの要件を満たしたもので、文部科学大臣が指定した学科の修了者は、高等学校卒業者と同様に大学入学資格が得られることになっています。 細谷高等専修学校は、上記の条件をすべて満たしておりますので大学入学資格付与指定校です。 そのため、本校卒業生(Aコース・Bコース共通)は就職や進学において高等学校卒業と同等と認められています。 高等専修学校文部科学省のホームページにも詳しい説明が掲載されています。 こちらをクリックしてご覧ください。
  • 創立94年 女子教育なら細谷学園へ
  • 創立94年 女子教育なら細谷学園へ
  • 創立94年 女子教育なら細谷学園へ
学校概要 高等専修学校とは 教育方針 沿革 一番簡単に県立高校に入る方法 高等専修学校とは 資格にチャレンジ 文部科学省委託事業 資料請求 募集要項